にんにく卵黄のルーツ

今では、にんにく卵黄はサプリメントや健康食品として有名ですが、そもそも、にんにく卵黄は「南九州の家庭料理だった」と言われています。

 

南九州を中心に、伝統的な家庭料理として、にんにく卵黄は親しまれていました。
もちろん、にんにく卵黄には健康を助ける効果があることから、家庭料理として馴染んでいたのです。
家庭料理なので、各家庭によって作り方などは少々違う点がありますが、にんにく卵黄のルーツは南九州と言えるでしょう。

 

にんにく卵黄には、「高血圧・糖尿病」など生活習慣に関する病気の改善効果があると言われています。その他、胃弱やストレスにも効果を示し、体質自体の改善を助けるとも言われている優れた食品です。

 

このように効能が優れていることから、にんにく卵黄はサプリメントや健康食品という形で、全国に広まったとされています。

 

にんにく卵黄自体、ニオイが気になる食べ物ですが、サプリメントやカプセルの形にすることで、ニオイは気にならず、にんにく卵黄の効果を効率的に摂取できるようになっています。
にんにくの風味が苦手という方にとっても、摂取しやすい形を作り出しており、効能が抜群なので、老若男女問わず人気が高まっている健康食品なのです。

にんにく卵黄について
オススメにんにく卵黄