にんにく卵黄でコレステロール上昇を防ぐ

にんにく卵黄には、コレステロール値を正常にするサポート効果やコレステロールの上昇を未然に防ぐ効能があるとされています。

 

でも、逆にコレステロールを高めてしまうのではないか?という疑問もありますよね。
にんにく卵黄は「卵」を使用しています。卵といえば、コレステロールが高いイメージがあるでしょう。
しかしながら、にんにく卵黄にはコレステロールに効果的と言われています。
なぜかといえば、コレステロールの種類が関係しています。

 

コレステロールを高めてしまうのは、「悪玉コレステロール」であり、卵黄に含まれているのは「善玉コレステロール」なのです。
しかも、善玉コレステロールには、体内の悪玉コレステロールを掃除する効果があります。簡単に言えば、悪玉コレステロールを除去する働きに似ているのです。

 

それから、卵には「レシチン」という成分が含まれています。
レシチンには、血行促進効果など血液に働きかける効果があります。さらに、血中のコレステロールを調整する作用があります。

 

そのため、にんにく卵黄はコレステロールの上昇を未然に防ぐ作用があると言われています。
にんにくにもアリシンなどの健康の有効成分がたくさん含まれていますから、にんにくとの相乗効果にも期待出来ます。

 

ちなみに、コレステロールは高すぎても低すぎても健康を阻害します。適量を保つのがベストなので、善玉コレステロールの摂取は、体にいいんですよ。

にんにく卵黄について
オススメにんにく卵黄